PIC24FJ64GB004 小型マイコン基板 SBDBT

  • USBコネクタのブレイクアウトボードに見えますが

    USBコネクタのブレイクアウトボードに見えますが

  • PIC24FJ64GB004が搭載されています

    PIC24FJ64GB004が搭載されています

  • Bluetoothアダプタを装着

    Bluetoothアダプタを装着

  • pickit3はピンに直接接続できます

    pickit3はピンに直接接続できます

  • ブレッドボード等で簡単に使えます

    ブレッドボード等で簡単に使えます

  • ピンヘッダ未実装仕様ではピンヘッダは実装されずに付属しています。

    ピンヘッダ未実装仕様ではピンヘッダは実装されずに付属しています。

PIC24FJ64GB004のとても小さいマイコン基板です。
2.54mmピッチ10ピンの足がついています。
USBのBluetoothアダプタを使用すると通信モジュールになります。


 一見、USBコネクタのブレイクアウトボード?という感じがしますが、実は裏にPIC24FJ64GB004が搭載されています。

 技術基準に適合したUSB Bluetoothアダプタを使用することで日本国内で合法的に使用できるBluetooth通信モジュールになります。

 この基板は3.3Vの電源が必要です。
 USBコネクタに供給される電圧(VBUS)も3.3Vとなりますので、3.3Vで動作するUSB機器しか使用できません。

外形寸法 約22.86mm×20.32mm×17mm(ピンヘッダ含む)
外形寸法 約22.86mm×20.32mm×9.5mm(ピンヘッダなし)

出荷時にはbtstackを使用したBluetooth SPPサーバーのファームウェアが書き込まれています。PCとシリアルで接続する機器をBluetoothによって無線化することができます。
全ソースファイルを公開していますので、pickit3があれば無料の開発ツールを使用して自由にカスタマイズすることができますし、全く違うファームウェアを作成することもできます。

2013/06/14 追記
以前よりご要望のあったピンヘッダ未実装仕様も選べるようになりました。
ピンソケットや丸ピンソケット等、ご自身で使いやすいコネクタを実装してご利用ください。
(5Pピンヘッダが2つ付属します)

2014/02/19
公開しているファームウェアのソースの設定を変更することでマスター側になることもできます。SBDBTシリーズを2個使用し、片側をマスターにすることで対向で使用することが可能です。

本装置はbtstackの作者Matthias Ringwald氏とライセンス契約を締結しています。本装置の価格にはbtstackのロイヤリティが含まれていますので商用利用も可能です。

【ご注意】
本基板のピン番号の振り方は一般的な反時計回りではなく、Z型となっています。ご注意ください。

詳細はユーザーズマニュアルを参照してください。

回路図
ユーザーズマニュアル
ファームウェアとソースファイルはこちら

【使用例(ユーザー様のサイトです)】
GPS評価(BEN様)
sixaxisをロボットのコントローラーに使う(BEN様)
ロボゼロ魔改造『サーボノイドあいたん』(メンデル様)

3,066円

注文数:

ログインフォーム

お問い合わせ

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索