PIC24FJ64GB004 5V入出力対応マイコン基板 SBDBT5V

  • SBDBT5Vです

    SBDBT5Vです

  • PIC24FJ64GB004が搭載されています

    PIC24FJ64GB004が搭載されています

  • Bluetoothアダプタを装着

    Bluetoothアダプタを装着

  • U1と書いてある右にあるのがLDOレギュレータです。

    U1と書いてある右にあるのがLDOレギュレータです。

  • U3と書いてある右にあるのが出力レベル変換用のバッファです。

    U3と書いてある右にあるのが出力レベル変換用のバッファです。

PIC24FJ64GB004のとても小さい5V入出力対応マイコン基板です。
2.54mmピッチ10ピンの足がついています。
USBのBluetoothアダプタを使用すると通信モジュールになります。


 SBDBTの5V入出力対応版ができました。
 SBDBTと同じ様に裏にPIC24FJ64GB004が搭載されています。
 それに加えてLDOレギュレータとバッファが搭載され、5V電源、5V入出力に対応しています。
 SBDBTのように3.3Vでも使用できます。
 SBDBTとはピンコンパチで、6番/7番/10番ピンを出力として使用する限りはファームウェアもコンパチです。

 技術基準に適合したUSB Bluetoothアダプタを使用することで日本国内で合法的に使用できるBluetooth通信モジュールになります。

 この基板は3.3~5Vの電源が必要です。供給された電圧が出力の電圧となります。入力信号は5Vトレラントです。
 USBコネクタに供給される電圧(VBUS)も入力された電圧となりますので、3.3Vを供給される場合は3.3Vで動作するUSB機器しか使用できません。

外形寸法 約23.46mm×24.13mm×17mm(ピン含む)

出荷時にはbtstackを使用したBluetooth SPPサーバーのファームウェアが書き込まれています。PCとシリアルで接続する機器をbluetoothによって無線化することができます。
全ソースファイルを公開していますので、pickit3があれば無料の開発ツールを使用して自由にカスタマイズすることができますし、全く違うファームウェアを作成することもできます。

2014/02/19
公開しているファームウェアのソースの設定を変更することでマスター側になることもできます。SBDBTシリーズを2個使用し、片側をマスターにすることで対向で使用することが可能です。

本装置はbtstackの作者Matthias Ringwald氏とライセンス契約を締結しています。本装置の価格にはbtstackのロイヤリティが含まれていますので商用利用も可能です。

詳細はユーザーズマニュアルを参照してください。

回路図
ユーザーズマニュアル
ファームウェアとソースファイルはこちら

【使用例(ユーザー様のサイトです)】
Arduino+BluetoothとMacとで通信してみた(ts_asano様)

4,094円

注文数:

ログインフォーム

お問い合わせ

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索