PA6C Breakout基板

  • PA6Cをハンダ付けする部分です

    PA6Cをハンダ付けする部分です

  • 裏面にはチップ部品が実装されています

    裏面にはチップ部品が実装されています

GlobalTop社製GPSモジュールFGPMMOPA6C用Breakout基板
みちびき対応のGPSモジュールを簡単に使うことができます。
お客様ご自身でPA6Cを用意してハンダ付けしてください。


 (この商品はチップ部品は実装されていますが、PA6Cは実装されていません)

 小さくて安くて高性能なGPSモジュール、PA6C。

 メーカーサイトのデータシートを見ると、リファレンス回路が記載されています。。
電源にはフェライトビーズが必要、モジュールのすぐ近くに周辺ノイズに応じたパスコンが必要、電源のリップルは50mVpp以下、周辺装置との接続にはシリーズ抵抗が必要。

 ブレッドボードやユニバーサル基板で組んで実験してみたい時には手間がかかります。

 そんなときにはこの基板が便利です。
 上から見るとPA6C搭載部分しか見えないですが、裏側にはフェライトビーズ、シリーズ抵抗、コンデンサが実装済みです。
 電源や周辺装置の仕様に応じてコンデンサの容量や抵抗値の調整が必要になる場合があります。(C3/C4/C5は実装されていないので2012サイズ×2と3216サイズ×1のチップコンデンサを自由に実装できます)

 PA6Cは別途用意してハンダ付けする必要があります。
 ピンヘッダ(2.54mmピッチ4ピン×2個)が付属していますので、必要に応じてハンダ付けをお願いします。

 PA6C単体はこちら
 PA6C実装済みはこちら

 SBDBTと組み合わせると簡単にbluetooth対応GPSモジュールが作れます。iPhone/iPad/iPod Touchなどからも脱獄アプリ「BTstack GPS」を使用して接続可能です。

【ハードウェア仕様】
外形寸法 約25.4mm×16.51mm×2mm (チップ部品を含む、PA6Cやピンヘッダは含みません)

(3DFIX信号等でLEDを直接点灯させる場合はシリーズ抵抗を考慮してください)

回路図
ユーザーズマニュアル

【製作例(ユーザー様のサイトです)】
ETE 開発日誌 (BEN様)

1,008円

在庫数 : 33
注文数:

ログインフォーム

お問い合わせ

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索