PIC24FJ64GB004 mbed風マイコン基板 REWBPIC

  • 表

  • 裏

  • うぉーるぼっとに搭載した例

    うぉーるぼっとに搭載した例

うぉーるぼっとに対応したマイコン基板です。
まるでmbedのように見えますが、PIC基板です。

うぉーるぼっと向けに作ったものですが、他の用途にも使えます。ブレッドボードで何か実験するような用途にも向いています。
PIC24FJ64GB004のほとんどのピンが外に出ています。

5Pピンヘッダをつけると、pickit3等が直接接続できます。(20Pピンヘッダx2のほうからもデバッグ用の信号は取り出せます)

うぉーるぼっとは元々mbed用のロボットベースボードとして開発されましたが、PIC24FJ64GB004でも十分制御できると思い作ってみました。

PIC24FJ64GB004にはEthernetはないので、Ethernetのピンには何も接続されていませんが、PIC24の特徴の一つペリフェラルのりマップ機能により色々なことに使えると思います。

青色LEDが5個と、リセットスイッチが実装されています。

うぉーるぼっと用のファームウェアが書込済みです。

外形寸法 約 26.2mm×53mm×10.5mm (20Pピンヘッダ×2を含む、デバッグ用 5Pピンヘッダは含みません)

本装置はbtstackの作者Matthias Ringwald氏とライセンス契約を締結しています。本装置の価格にはbtstackのロイヤリティが含まれていますので商用利用も可能です。

回路図
ソースファイルや、フライヤーはこちら
うぉーるぼっとでの使い方はこちら(参考)

2,550円

在庫数 : 7
注文数:

ログインフォーム

お問い合わせ

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索